スポンサーリンク

3、炭素循環農法のデメリットは?

前回の記事では、炭素循環農法のメリットについて紹介しました。
https://ok-farm.jp/tan-jun-2-merit1/

今回はデメリットについて紹介します。
動画の方がいい方は、ぜひYoutube をご覧ください。。

#1 3分で分かる炭素循環農法 "Carbon cycle farming" Farming methods using Microbes 【OKファーム/OK-farm】

炭素循環農法のデメリットは、
私が知っている限り、以下のものです。

①土が安定するまでに2~3年かかる

今までガンガンに化成肥料を使っていた畑の場合で、2〜3年。
自然農法など、肥料を使わないスタイルの畑で半年〜1年くらいしないと、
微生物の状態が安定しないと、提案者の林さんはおっしゃっています。


安定するまでの数年は、
『収量が極端に落ちる』『味も今までの栽培方法と大差ない』という事になります。


何らかの事情があって、
『どうしても来年の作付けで炭素循環農法の作物をたくさん収穫したい』
と考えている方や、
経営規模の観点から、
『一部分であるとしても、3年も 収穫量≒収入 が落ち込むのはリスクが大きい』
と考える方には難しいかもしれませんね。

デメリットではないかもしれませんが、
逆に長い間耕作放棄地になっていた畑の場合(目安10年以上)や
新開地の場合は、
微生物バランスがよくなっていて、すぐにでも炭素循環農法に取り組める、
という考え方も出来ます。

②慣れるまで畑の見極めが難しい場合がある (周りにアドバイスをくれる人が少ない)

コレは、今、私自身が不安に思っているポイントですね。


林さんの提唱するやり方をホームページで読み込んだり、
私以外で炭素循環農法に取り組む農家さんの情報を聞いたりしていますが、
『果たしてうちの畑進み具合は良いのか?悪いのか?』
の判断を自分自身でしか出来ないという事が、最大の悩みです。


林さん自身もかなり細かく丁寧にホームページで解説されている訳ですが、
『この状態と、この状態を勘違いする場合があるので注意が必要です』
とおっしゃっている項目があります。
その場合の判断は、自分でするしかないわけです。

慣行農法が日本中に根付いた理由は?

話が少し脱線します。
これは私の持論ですが、
慣行農法(化成肥料、農薬栽培)が日本国内で圧倒的シェアで普及している理由は、
『栽培中に困ったことがあっても、ちゃんと対策がはっきり明示してある』からだと
炭素循環農法に挑戦している今、強く思います。


初めて挑戦する作物でも、
『種まき前にはこの肥料をこの堆肥を何キロ入れましょう』
『作物の出来が悪ければこの資材を追加しましょう』
『この虫が出たらこの薬剤を撒きましょう』
など、教科書的なものがあったり、
農協のスタッフさんなどがしっかりフォローしてくれるし、
完璧ではないにしろ、一定以上の効果があります。
その『安心感』が、慣行農法がこれまで広がってきた要因のひとつではないかな?と思っています。

話が少しそれましたが、
あなたの周りに、全く炭素循環農法の経験者がいなければ、
その『安心感』がない故に、精神的に辛い時があるかもしれませんね。

今後、追記があるかもしれません

2020年現在、私が思う炭素循環農法のメリット、デメリットは以上です。
経験を重ねて行くにつれ、
『気付かなかったけど、こんなデメリットがあった』など追記があれば、
またご紹介したいなと思っています。

メリット、デメリットの把握をして頂きましたが、
『とはいえ、本当に肥料無しで作物が育つの?
ちょっと信じられない』と、
気になっておられる方もと思いますが、
それはまた次の記事で!!今日もご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました