スポンサーリンク

ダイソーの500円Bluetoothマウス×iPad mini5 とても便利!!

未分類

ダイソーでたまたま見かけたBluetoothマウス。
私が自宅でブログを書いたり検索をする時に使う
iPad mini5に組み合わせると、驚きの結果!!
良いところ、不満な点など紹介していきます。

本体の簡単な説明

ダイソー Bluetoothマウス。
税込550円。
開封して自宅にあった単3電池をセット。
持ってみた感じはまぁ普通のマウスと変わりなし。
とはいえ、すぐに壊れそうな感じや
触感が気持ち悪いこともなし!


左右クリックに加えて
真ん中のコロコロがある。
コロコロそのものを押し込んで
ボタンとして使用する事も可能。
基本的なマウス機能は問題なさそうです。

対応OSも色々書いてありましたが
iPad各種も使えそうです。

Bluetooth接続、ちょっとクセがある?

それではiPad mini5にマウスを接続。
手順としては
接続したいiPad等の端末のBluetooth接続画面を開き、Bluetoothをオンに。

マウスの方の電源を入れます。
次に、
左右ボタン、真ん中のボタンを
3箇所同時に押すとペアリングモードが開始され
iPad側でBluetoothマウスを選択すると完了。

簡単ですね。

しかし、一点だけ注意が必要。
バグなのか何か条件があったのか分かりませんが
初めての接続は、実は失敗。

本来の手順なら
①マウスの方をペアリングモードにして
②iPadの設定画面で接続ボタンを押す
はずなのですが
ペアリングモードにする前から
『Bluetoothマウス』がiPadに表示されていたのです…。

理由は分かりませんが、
最初から表示されている
Bluetooth Mouse表示をタップすると
iPadは『接続完了』マークが出るのに
マウスは機能しない(認識していない?)という謎な現象が起きました。

手順通り
マウスの方をペアリングモードにすると、
何故かBluetoothマウスの表示が2箇所表示されます。
新しく検出された方をタップすると、問題なくマウスが使えるようになりました。

以前、iPhoneには使えるけどiPad miniには使えないBluetoothキーボードを買ったことがあったので
『うわー、ハズレか!』と思いましたが、コレは大丈夫でした。iPad mini5のアナタ、ご安心を。

ということで
正しい手順でマウスのボタンを3つ同時押しして
新しく表示された方のBluetooth Mouseに接続しましょう。

マウスポインタがiPadの画面に出てきたら成功です。

ホイールの向きだけは設定しておこう

先程の接続さえすませば
Bluetoothマウスとしてはもう問題なく使用することが出来ます。

普通のパソコンなどと同じように
押したい所までカーソルを移動させて
左クリックをすると『その場面を指でタップした』と認識されます。
後述しますが、左にスワイプしてメニューを切り替えたりする時には、
マウスをクリックしたまま左に動かす(パソコンでいう所のドラッグ)必要があります。

唯一デフォルトだと使いにくいのが
マウスのホイール

Windowsなどのパソコンのホイールとは
逆向きに画面がスクロールします…何なんだこの設定は。

しかし、ここらへんはさすがのiPad。
ホイールの方向を逆転させてくれる設定がありました。

設定一般→トラックパッドとマウス
「ナチュラルなスクロール」をオフにすれば切り替えは完了です。

ぜひ切り替えておきましょう。

あとはカーソル移動の速さ(感度?)
も同じ画面の「軌跡の早さ」
調整できるので
、気になる人は調整してみましょう。
私は最速にしています。

SHIFT とコロコロで横スクロール

これはキーボードも併用している方限定ですが
マウス中央のコロコロ、マウスホイールを転がす際に
SHIFT を押したまま転がすと
横向き(左右)にスクロールします。


これはエクセルやスプレッドシートなどの
操作の際や、
ホーム画面での左右スワイプでの画面切り替えに大活躍です。

assistive touch ご存知ですか?

iPhoneやiPadには
assistive touchという機能があります。

端末のボタンや画面が壊れた場合
体が不自由な方が操作に困っている場合
などに、操作を手伝ってくれる機能です。

コレを使って便利だったよ!!
と思う時もあればちょっと面倒なこともあったので、それを紹介します。

assistive touchでこうなる

iPadにマウスが接続されると
指をのばして画面に触る必要がなくなります。
しかし
ホームボタンと音量ボタン
ロックボタンだけは
物理的に人間の手で押す必要があり
マウスで押すことは出来ません。


例①
iPadを少し遠くに置いて、キーボードを置いてブログを書くぞ。
でも、別のアプリの起動する時には
ホームボタンを押すために手を伸ばす…。

例②
iPadをホルダーにセットして、自分はベッドに寝よう。
寝そべって動画でも観るかなー!!
操作はマウスで…
でも、音量ボタンを押すためにまたベッドから起きなきゃ…

例③ブラウザで調べ物をしよう!
右手はマウス、左手はキーボードで快適!!
でも、スクリーンショットをするために
わざわざ両手をのばさなきゃ…

こんな不便さを解消してくれます。

設定ーアクセシビリティー タッチ
で設定切り替えができます。

マウスは使うけど、キーボードは不要だ
という方や、パソコンばりにiPadで
仕事をする方はかなり重宝すると思います。
ダイソーのマウスの右クリックや
ホイールを押し込むボタンを
『スクリーンショット』や
『ホームボタン』に設定しておくと

右クリックをすればスクリーンショット。

マウスのホイールを押し込めばホーム画面に戻る
(すると必然的に)
マウスホイールを2度押しするとアプリ切り替え

など、あなたがiPadで使いたい機能を
マウスのボタンに設定することができます!

iPadで動画を見たりする人は
音量ボタンとかにしてもいいかもしれませんね。

assistive touch この設定に気をつけて

スクショにホームボタンもマウスで出来るなんて!!!
ちょー便利!!!
でも、デフォルト設定だと
ちょっと不便な仕様になってるかも。
「アレ?assistive touchなんか使いにくい」と思ったら
この点をチェックしてみて下さい。

このマウスは
Bluetoothキーボードとの併用も可能ですが
assistive touchをオンにすると
キーボードの機能が一部使えなくなりました。

具体的には
・10キーが使えなくなる(解決済み)
・画面に不要なキーボードが表示される(解決済み)

です。

10キーが使えなくなる(『マウスキー』設定で解決済み)

ブログを書いたり、Excel、スプレッドシートなどをiPadでガッツリ使いたかったので
Bluetoothキーボードは10キーがついたものを購入しました。

前述の通りマウスとの併用も可能なのですが、
マウスをつけたまま
assistive touchをオンにすると
10キーの方が
マウスのカーソル移動
のために動くようになるらしく
10キーを使って文字入力が出来なくなりました。

パソコンでcaps lock ボタンを
間違えて押してしまった時に起こる現象に似ていますね。
コレは10キーを使いたい私からしたら致命的です。

何か解除の方法は無いか探したところ・・・
ありました!!!

設定ー アクセシビリティー ータッチー マウスキー
最後に「マウスキー」をオフに。



画面のカーソルを10キーで動かす機能のことを
マウスキーというんですね。
初めて知りました。
これで、10キーが使えない問題は解決です!!

不要なのにキーボードが消えない(『オンスクリーンキーボード表示』で解決)

Bluetoothキーボードを接続したら
通常は文字入力のタッチパネルが不要になります。
通常はキーボード接続と同時に自動で消えます。

ですがassistive touchをオンにすると
何故かタッチパネルがまた表示されます…。

うーむ、コレは地味に不便…。
ブログを書きたい時に、画面が見えにくかったり
押したいボタンが隠れたりします…。

これは不便ですね・・・

そういう時は
設定ーアクセシビリティー タッチ
そして「オンスクリーンキーボード表示」
をオフに!!!


これで、不要だったキーボードが消えました!!

デメリット スワイプがやりにくいかも

贅沢を言い過ぎなのかもしれませんが
マウスだとスワイプが若干やりにくいです。
ホーム画面での画面切り替え
キーボードに対応していないアプリなどの操作
の時に、
「結局指を伸ばさないとダメじゃん!!」
となるかもしれません。
クリックしたまま左右に動かせば
反応はしてくれますが、
なんとなく動きがスムーズではありません。

使うアプリによっては、
「スワイプできない時は左端をタッチすると
左に画面が切り替わりますよ」という
機能が地味に搭載されている事もあるので
(電子書籍とか、端っこタッチでいける場合が多いですね)
お使いのアプリごとの操作説明画面を見てみても良いかも!

基本的には不満点がなかったのですが
強いてあげるとこんな感じです。

まとめ 500円でiPadが超快適に

いまだにこのマウスの便利さが嬉しくて
意味もなくカチカチやりながらブログを書きました。

いやー!!!iPadとマウスの組み合わせは最高!!
大きいサイズのiPhoneだったり
iPhoneを使ってブログや動画編集をしている人には
まずオススメ!!

それと
少し離れた所にiPhoneを置いて
動画を見たい人には
TVとリモコン
のような関係で
マウスをリモコンのように使えるので
おすすめですね。

これまでBluetoothマウスは、
「あったら便利だろうけどなぁ・・
 あえて1000−2000円出して
 買うほどでもないかな」
と思っていましたが、
まず便利!!!ちょーー便利!!!
そして、これがダイソーなら500円!!!
行くしかありません!!!!
iPadユーザーのあなた!!!
今すぐダイソーへGO!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました